むずむずサイト製作:凝ったきれいなブログのコツ

ホームページ、ブログの作成について。PHP、CSS、JavaScripoなどを用いた設定。またホームページ作りに便利なフリーソフトなども紹介。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト
Movable Type:X-Server での指定日投稿

X-Server でも、

cron の設定は、コントロールパネルから簡単に設定できるようです。

 

X-Server、Xrea、さくらサーバーは、

比較的簡単にcron の設定ができそうですね。

 

次の手順で行います。

 

1./MTのパス/tools/に含まれる『run-periodic-tasks』の属性を
  実行可能に変更。
2.『run-periodic-tasks』を自動で実行するためのCronを設定する。
  X-Server はサーバーパネルから簡単に設定可能なよう。

 

次のサイトを参考にしました。

 

MovableTypeの指定日投稿:平均年収ブログアフィリエイトで100万円UP

 

| comments(0) | trackbacks(0) | CMS:MovablyeType | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Movable Type:X-Server での指定日投稿
Movable Type:EXCEL(エクセル)で指定日のリストを作る

Movable Type では、日付の設定は次のようになっています。

 

2009年の3月11日のPM3:00なら、

次のような感じ。

 

DATE: 03/11/2007 01:00:00 PM

 

これをEXCEL で作る場合、次のように行います。

 

1.「書式」−「セル」で次のように入力し、同じように表示されるよう設定。

 

mm/dd/yyyy hh:mm:ss AM/PM

 

 

2.A1のセルに元になるものを入力します。

  入力は、普通の日付形式でも大丈夫です。

  表示は、書式で設定したものになります。

 

  例)2007/3/11 1:00:00

 

 

3.次に、関数を作成します。

  例)5時間15分ごとに作成したい場合は、

  =VALUE(TEXT(A1,"yyyy/mm/dd hh:mm"))+"5:15:00"

  

 

4.あとは、2つめのセルを引っ張って、下にコピーしていきます。

 

 

このように、5時間15分ずつ足されていく。 

 

 

なお、関数を使わず、オートフィルで伸ばそうとする場合、

秒以下に誤差が生じるので注意です。

 

 

次の記事を参考にしました。

 

エクセルについて。日付と時間間隔の列を作ってみたところ・・・

| comments(0) | trackbacks(0) | CMS:MovablyeType | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Movable Type:EXCEL(エクセル)で指定日のリストを作る
Movable Type:スケジュールタスクを実行する方法

指定日投稿をするときは、主に3つの方法があるそうです。

 

1.cron でrun-periodic-task を使う方法
  (ロリポップでは使えないが、さくらならOK)
2.ページ閲覧時に実行する方法
3.デスクトップ上から、スケジュールタスクでXML-RPC を使って実行する方法

 

3の方法について、

次のサイトに説明されています。

 

cronやログフィードを使わずにスケジュールタスクを実行する方法

 

これだと、パスワードをネット上のファイルに書く必要もないので、

気楽な感じがしますね。

| comments(0) | trackbacks(0) | CMS:MovablyeType | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Movable Type:スケジュールタスクを実行する方法
Movable Type:ユーザーをCSVで一括登録

Movable Type では、投稿者が多い場合、

CSVファイルで一括して登録できるそうです。

次のサイトに説明があります。

 

Movable Type ヘルプ: ユーザー管理(一括編集モード)
Movable Type Enteprise マニュアル: ユーザー管理(一括編集モード)

  

まとめると、CSVファイルの読み込みは次の通りです。

CSVファイルの例は、サイトを見てみてください。

 

1.テキストエディタや、Excelで、CSVファイルを作成する。
2.「投稿者一覧」 > 「一括編集モード」 > 「ファイル選択」 で、CSVを指定。
3.文字コードを選び、「アップロード」を押す。
※ エラーのときは、表示される。

 

なお、CSVの書き出しは、次の通りです。

 

1.「投稿者一覧」 > 「このデータのCSVファイルをダウンロードする」へ
2.そのままダウンロードされる。
※ フォーマットは、読み込み用のCSVファイルと一緒。

 

CSVファイルの例は、サイトに載っていますが、

1から入力するのは大変だと思います。

一度書き出ししてから、それを編集して

読み込みデータを作成すると楽なようです。

 

CSVを書くときの注意点は、次の通りです。

 

・オプションのコマンドは、なくてもいい。
 ただし、「,,」のように、空であることを明示するよう。

| comments(0) | trackbacks(0) | CMS:MovablyeType | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Movable Type:ユーザーをCSVで一括登録
Movable Type:指定日投稿 Xrea

Xrea で指定日投稿する場合、次のサイトが参考になりそうです。

 

Movable Typeの指定日投稿をXREAサーバーで設定する方法
security-literacy: 予約投稿とcron ジョブ(シェルスクリプト)
Movabletypeの予約投稿にチャレンジしているのですが

 

Xrea で cron を使う場合、次のような手順になります。

 

1.cron で動かすシェルスクリプトを作成
2.cron の設定

 

順を追っていくと、次のようになります。

 

1.次の文章を、「cron1.sh」というファイル名で作成
※ *****となっている部分は、サーバー上の絶対パスを入れる。
※ 例)cd /virtual/shiteibi/public_html/www.shiteibi.com/mt
※ echo の「MT3.31」は、サーバーが動いたときのメール用文章
 
#!/bin/sh
cd /virtual/*****/public_html/*****/mt
/usr/bin/perl ./tools/run-periodic-tasks
echo Future: MT3.31 run-periodic-tasks
echo
exit
 
2.ファイルの保存のとき、エンコードは何でもOK、改行方法は「LF」で。
3.FTPで、「cron1.sh」を、「mt」フォルダのどこかに入れる。
4.「cron1.sh」のパーミッションの設定は、700に。
5.mt > tools の中の run-periodic-tasks も、パーミッション700に。
 
6.XREAサーバーにログインして、左のメニューの「CRONジョブ」へ
7.「public_html/www.shiteibi.com/mt/cron1.sh」を入力。
8.投稿時間の設定をする。
例)日を*、時を*、分を0にすると、1時間ごと0分
例)日を*、時を5、分を0にすると、毎日5時
例)日を*、時を*/2、分を0にsるうと、2時間ごとの0分
※ 最短でも、1時間以上は時間を空けるようにする。
9.Cronが動くと、サーバーの「メールアドレスの設定」の場所にメールがくる。
※ 捨てアドレスなどを使うといいよう。

 

なお、次のようにも解説されています。(いまいち理解できませんでした)

 

・cron job の予約時間ではなく、「ブログページ上には作成日時」が表示される
・記事の作成日時が予約時刻を越えていると、ページ表示されない(?)
| comments(0) | trackbacks(0) | CMS:MovablyeType | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Movable Type:指定日投稿 Xrea
Movable Type:EXCELでMovable Type形式のデータ作成

次のサイトの「MTconv.xls」というエクセルのマクロが役に立ちます。

 

BLOG/EXCELでMovableType形式のデータを生成 - 180.style Wiki

 

使い方は、次のような感じです。

 

1.Excel の設定で、マクロを使えるようにしておく。
※ ツール > オプション > セキュリティ > マクロセキュリティを「中」以下。
2.タイトル、著者、カテゴリー、本分、追記を入力していく。
3.投稿日時は、「月/日/年 時:分:秒」の形式に入力。
※ 時間は24時間表記。
※ 月、日、時、分、秒 は2桁、年 は4桁で。
4.ツール > マクロ >マクロ > MTconv を実行。
5.Excel のファイルと同じ場所に、「mtdata.txt」という記事ファイルが。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | CMS:MovablyeType | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Movable Type:EXCELでMovable Type形式のデータ作成
Movable Type:指定日投稿 さくらサーバー

さくらサーバーでcronを使って指定日投稿するときには、

次のサイトが参考になります。

 

さくらサーバーでムーバブルタイプをcronで予約投稿する方法
指定日投稿 - さくらインターネットでの設定

設定は、大きく言って、次の通りです。

 

1.cron の設定をする。
2.run-periodic-tasks の設定をする。
3.記事を投稿する。

 

順を追うと、次のようになります。

 

1.さくらインターネット > サーバコントロールパネル へ
2.サーバーの設定と状態確認 > CRON設定ファイルの編集 へ
3.新規項目追加 をクリック
4.cd <path to mt>; ./tools/run-periodic-tasks を入力
※ path は、mt.cgi のディレクトリまでの絶対パス。
※ さくらのユーザー名がhogehogeで、cgi-bin/blog フォルダにMTがある場合
  cd /home/hogehoge/www/cgi-bin/blog/; となる。
5.月に*、日に*、時間に*、分に0、で1時間に1回実行に。
※ さくらの制約上、cron の設定は1時間に2回以上しない。

 

6.FTPで、/tools/run-periodic-tasks のパーミッションを755に
※ さくらでは705が推奨されている。

 

7.エントリーを「指定日」にして投稿する。 

| comments(0) | trackbacks(0) | CMS:MovablyeType | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Movable Type:指定日投稿 さくらサーバー
Movable Type:ほぼ指定日投稿

Movable Typeでは、指定日投稿できる設定ができます。

しかし指定日投稿のCGIを実行するには、

cron というスクリプトを実行できるサーバーでなければなりません。

次のサイトのものは、cron を使わず、擬似的に投稿するJavaScriptです。

 

The blog of H.Fujimoto: 検索結果
ほぼ指定日投稿(JavaScript版V2.10) - The blog of H.Fujimoto

 

使い方は、次の通りです。

 
1.RunPeriodicTasks のファイルをダウンロード。
2.解凍してできる「plugins」と「mt-static」を、アップロード。
3.Movable Typeのプラグインの設定画面から、RunPreodicTasksの設定へ。
4.設定は特にいじる必要はないが、初回は「変更を保存」を押す必要あり。
※ Ajaxを使わないと、実行中は一旦画面表示が止まる。
5.メインページなどアクセスの多いページに、次のタグを追加。
 <$MTRunPeriodicTasksJS$>
※ この部分に、設定で記述したhtml が表示される。
※ Ajaxを不使用のときは、ページ表示の中断が分かりにくいよう最後の方へ。

 

なお、これはJavaScriptを使用しているので、

自分で試すときは、ブラウザのJavaScriptをオンにして、サイトを見ます。

すると、指定時間以降にアクセスしたとき、JavaScriptが実行され、

自動で指定日投稿のタスクが働くようです。

| comments(0) | trackbacks(0) | CMS:MovablyeType | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Movable Type:ほぼ指定日投稿
Movable Type:データの復旧

データベースを削除してしまった人の、

ファイルの復旧例です。

 

Movabletype4のインポート作業メモ - クネアシ
http://www.qunea.com/blog/log/20080407-0923.html

 

大まかに言うと、次のような感じです。

 

1.静的なHTMLファイルはあるので、それを元に作成する。
2.エクセルとテキストファイルで置換などを繰り返して体裁を整える。
3.インポートする。
※ インポートのエラーが出ても教えてくれない。
※ インポートのファイルの改行コードは「LF」
※ 「----」は、インポートデータの区切りに使われているため、
  記事に「-」の連続がある場合、実体参照に変換しておく。
※ 同時に大量のインポートができないかも
  はじめは200できていたが、以後、100、50、20、と、
  止まってしまうので、その都度、失敗したところからやりなおす

 

インポートの体裁については、次の公式サイトを参考にするとよいそうです。

 

Movable Type のブログ記事インポートフォーマット
http://www.movabletype.jp/documentation/〜〜〜

 

| comments(0) | trackbacks(0) | CMS:MovablyeType | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Movable Type:データの復旧
Movable Type :インポートのファイルの基本

Movable Type は、インポートの形式でファイルを作れば、

エディタなどで打ち込まなくても一気に登録できます。

フォーマットについていは、次の公式サイトの記事が参考になります。

 

Movable Type のブログ記事インポートフォーマット
http://www.movabletype.jp/documentation/〜〜〜

 

最低限入れた方がいい、

メタデータセクション(本文、コメントなど以外)は、まとめると次の通り。

 

AUTHOR: 作者
TITLE: タイトル(指定しないと、記事から自動的に生成)
STATUS: Draft(下書き)、Publish(公開)、Future(指定日公開)
ALLOW: COMMENTS:0(コメント無)、1(有)
ALLOW PINGS: 0(トラックバック無)、1(有)
CONVERT BREAKS: 改行設定。0(なし)、1(改行を変換)
PRIMARY CATEGORY:メインカテゴリ。該当がない場合は、自動で追加。
CATEGORY:サブカテゴリ。該当がない場合は、自動で追加。
DATE: 投稿日時。MM/DD/YYYY hh:mm:ss AM|PM。
  AM|PM はオプションで、ない場合は24時間制に。

 

一般的な設定ならば、次のように作るといいかと思います。

これが一つの記事単位です。

 

AUTHOR: 書いた人

TITLE: タイトル

STATUS: Publush

ALLOW COMMENTS: 1

ALLOW PINGS: 1

CONVERT BREAKS: 0

CATEGORY: カテゴリー名

DATE: 01/01/2004 03:00:00 PM

-----

BODY:

<p>何か文章を。タグも含める。</p>

-----

EXTENDED BODY:

 

-----

EXCERPT:

 

-----

KEYWORDS:

 

-----

--------

| comments(0) | trackbacks(0) | CMS:MovablyeType | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Movable Type :インポートのファイルの基本