むずむずサイト製作:凝ったきれいなブログのコツ

ホームページ、ブログの作成について。PHP、CSS、JavaScripoなどを用いた設定。またホームページ作りに便利なフリーソフトなども紹介。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト
フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(資料)Entry Listing の構造

次のようになっています(英語版の方)。

改行など、同じように作りました。カスタマイズ用に。

 

<MTSetVarBlock name="body_class">mt-archive-listing mt-<MTVar name="archive_class"></MTSetVarBlock>

<MTSetVar name="sidebar" value="1">

<MTSetVar name="module_about_context" value="1">

<MTSetVarBlock name="page_title"><$MTArchiveTitle$> Archives</MTSetVarBlock>

<MTSetVarBlock name="title"><$MTBlogName encode_html="1"$>: <$MTGetVar name="page_title"$></MTSetVarBlock>

<MTIf name="datebased_archive">

<MTSetVarBlock name="html_head">

<MTArchivePrevious><link rel="prev" href="<$MTArchiveLink$>" title="<$MTArchiveTitle encode_html="1"$>" /></MTArchivePrevious>

<MTArchiveNext><link rel="next" href="<$MTArchiveLink$>" title="<$MTArchiveTitle encode_html="1"$>" /></MTArchiveNext>

</MTSetVarBlock>

</MTIf>

<$MTInclude module="Header"$>

<h1 id="page-title" class="archive-title">

<MTUnless name="datebased_archive">

<MTIfArchiveType archive_type="Category">

Recently in <em><$MTArchiveTitle$></em> Category

</MTIfArchiveType>

<MTIfArchiveType archive_type="Author">

Recently by <em><$MTArchiveTitle$></em>

</MTIfArchiveType>

<MTElse>

<$MTGetVar name="page_title"$>

</MTUnless>

</h1>

<MTIf name="datebased_archive">

<MTEntries>

<$MTEntryTrackbackData$>

<$MTInclude module="Entry Summary"$>

</MTEntries>

<MTElse>

<MTEntries limit="auto">

<$MTEntryTrackbackData$>

<$MTInclude module="Entry Summary"$>

</MTEntries>

</MTIf>

<div class="content-nav">

<MTArchivePrevious>

<a href="<$MTArchiveLink$>">« <$MTArchiveTitle$></a> |

</MTArchivePrevious>

<a href="<$MTLink template="main_index"$>">Main Index</a> |

<a href="<$MTLink template="archive_index"$>">Archives</a>

<MTArchiveNext>

| <a href="<$MTArchiveLink$>"><$MTArchiveTitle$> »</a>

</MTArchiveNext>

</div>

<$MTInclude module="Footer"$>

| comments(0) | trackbacks(0) | フリーソフト:ブログで日記ソフト | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(資料)Entry Listing の構造
フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(資料)Entry の構造

次のようになっています(英語版の方)。

改行など、同じように作りました。カスタマイズ用に。

 

<MTSetVar name="body_class" value="mt-archive-listing mt-entry-archive">

<MTSetVar name="sidebar" value="1">

<MTSetVar name="module_about_context" value="1">

<MTIfCommentsAccepted><$MTSetVar name="body_onload" value="individualArchivesOnLoad(commenter_name)"$></MTIfCommentsAccepted>

<MTSetVarBlock name="page_title"><$MTEntryTitle$></MTSetVarBlock>

<MTSetVarBlock name="title"><$MTGetVar name="page_title"$> - <$MTBlogName encode_html="1"$></MTSetVarBlock>

<MTSetVarBlock name="html_head">

<MTEntryPrevious><link rel="prev" href="<$MTEntryPermalink$>" title="<$MTEntryTitle encode_html="1"$>" /></MTEntryPrevious>

<MTEntryNext><link rel="next" href="<$MTEntryPermalink$>" title="<$MTEntryTitle encode_html="1"$>" /></MTEntryNext>

<MTIfPingsAccepted><$MTEntryTrackbackData$></MTIfPingsAccepted>

<MTIfCommentsAccepted><script type="text/javascript" src="<$MTLink template="javascript"$>"></script></MTIfCommentsAccepted>

</MTSetVarBlock>

<$MTInclude module="Header"$>

<$MTInclude module="Entry Detail"$>

<$MTInclude module="TrackBacks"$>

<$MTInclude module="Comments"$>

<$MTInclude module="Footer"$>

| comments(0) | trackbacks(0) | フリーソフト:ブログで日記ソフト | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(資料)Entry の構造
フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(資料)Archive Index の構造

次のようになっています(英語版の方)。

改行など、同じように作りました。カスタマイズ用に。

 

<MTSetVar name="body_class" value="mt-archive-index">

<MTSetVar name="main_template" value="1">

<MTSetVar name="archive_index" value="1">

<MTSetVar name="sidebar" value="1">

<MTSetVar name="module_about_context" value="1">

<MTSetVarBlock name="page_title">Archives</MTSetVarBlock>

<MTSetVarBlock name="title"><$MTBlogName encode_html="1"$>: <$MTGetVar name="page_title"$></MTSetVarBlock>

<$MTInclude module="Header"$>

<h1 id="page-title" class="archive-title"><$MTGetVar name="page_title"$></h1>

<MTIfArchiveTypeEnabled archive_type="Individual">

<div class="archive-individual archive-date-based archive">

<MTArchiveList archive_type="Individual">

<MTArchiveListHeader>

<div class="archive-content">

<ul class="archive-list">

</MTArchiveListHeader>

<li class="archive-list-item"><$MTArchiveDate format="%Y.%m.%d"$>: <a href="<$MTArchiveLink$>"><$MTArchiveTitle$></a></li>

<MTArchiveListFooter>

</ul>

</div>

</MTArchiveListFooter>

</MTArchiveList>

</div>

</MTIfArchiveTypeEnabled>

<MTIfArchiveTypeEnabled archive_type="Monthly">

<div class="archive-monthly archive-date-based archive">

<MTArchiveList archive_type="Monthly">

<MTArchiveListHeader>

<h2 class="archive-header">Monthly Archives</h2>

<div class="archive-content">

<ul class="archive-list">

</MTArchiveListHeader>

<li class="archive-list-item"><a href="<$MTArchiveLink$>"><$MTArchiveTitle$></a></li>

<MTArchiveListFooter>

</ul>

</div>

</MTArchiveListFooter>

</MTArchiveList>

</div>

</MTIfArchiveTypeEnabled>

<MTIfArchiveTypeEnabled archive_type="Category">

<div class="archive-category archive">

<h2 class="archive-header">Categories</h2>

<div class="archive-content">

<MTTopLevelCategories>

<MTSubCatIsFirst>

<ul class="archive-list">

</MTSubCatIsFirst>

<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">

<li class="archive-list-item"><a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="<$MTCategoryDescription$>"><$MTCategoryLabel$></a>

<MTElse>

<li class="archive-list-item"><$MTCategoryLabel$>

</MTIfNonZero>

<MTSubCatsRecurse>

</li>

<MTSubCatIsLast>

</ul>

</MTSubCatIsLast>

</MTTopLevelCategories>

</div>

</div>

</MTIfArchiveTypeEnabled>

<MTIfArchiveTypeEnabled archive_type="Author">

<div class="archive-author archive">

<MTArchiveList archive_type="Author">

<MTArchiveListHeader>

<h2 class="archive-header">Author Archives</h2>

<div class="archive-content">

<ul class="archive-list">

</MTArchiveListHeader>

<li class="archive-list-item"><a href="<$MTArchiveLink$>"><$MTArchiveTitle$></a></li>

<MTArchiveListFooter>

</ul>

</div>

</MTArchiveListFooter>

</MTArchiveList>

</div>

</MTIfArchiveTypeEnabled>

<MTIfArchiveTypeEnabled archive_type="Category-Monthly">

<div class="archive-category-monthly archive">

<MTArchiveList archive_type="Category-Monthly">

<MTArchiveListHeader>

<h2 class="archive-header">Category Monthly Archives</h2>

<div class="archive-content">

<ul class="archive-list">

</MTArchiveListHeader>

<li class="archive-list-item"><a href="<$MTArchiveLink$>"><$MTArchiveTitle$></a></li>

<MTArchiveListFooter>

</ul>

</div>

</MTArchiveListFooter>

</MTArchiveList>

</div>

</MTIfArchiveTypeEnabled>

<MTIfArchiveTypeEnabled archive_type="Author-Monthly">

<div class="archive-author-monthly archive">

<MTArchiveList archive_type="Author-Monthly">

<MTArchiveListHeader>

<h2 class="archive-header">Author Monthly Archives</h2>

<div class="archive-content">

<ul class="archive-list">

</MTArchiveListHeader>

<li class="archive-list-item"><a href="<$MTArchiveLink$>"><$MTArchiveTitle$></a></li>

<MTArchiveListFooter>

</ul>

</div>

</MTArchiveListFooter>

</MTArchiveList>

</div>

</MTIfArchiveTypeEnabled>

<$MTInclude module="Footer"$>

| comments(0) | trackbacks(0) | フリーソフト:ブログで日記ソフト | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(資料)Archive Index の構造
フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(番外編)Movable Type 4.2、Movable Type 5 へのVerUP

InstaMT はサーバーとデータベースがセットになっているので、

Movable Type へVerUpすることができます。

 

Movable Type 4.2 は、現在テンプレートがたくさん出回っているので、

使えるようにしておくとカスタマイズが便利です。

Movable Type 5 は、ブログエディタが対応するまで待つといいかもしれません。

 

私の場合、Movable Type 4.2 へのアップグレードをすると、

管理画面で次のように表示されるようになりました。

文章で日記をつけたり、日記を閲覧するのは問題ないですが。

 

Image::Magick

サーバーにImage::Magickがインストールされていないか、

Image::Magickに必要なモジュールがインストールされていません

  

このようなエラーが出ます。

そのため、エラーが表示されるのが嫌な場合は、別記事の

 

「フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(番外編)

 サイドバーのサムネイルの画像を表示できるようにする」

 

にしたがって、ImageMagick をインストールするといいかもです。

この設定をすることにより、サムネイルやプロフィール画像も

閲覧できるようになります。

 

次の手順で、アップグレードできます。

 

1.こちらから「MT-4_261-ja.zip」をダウンロードする。
 ※ アドレスの入力を求められますが、それ以外に、登録などは不要なよう。

 

2.C:\InstaMT\cgi-bin\mt\のファイルを全て削除し、
  解凍してできたMT-4_261-ja の中のフォルダとファイルを全て移す。

 

3.移したフォルダの中から、「mt-static」フォルダのみ切り取り、
  C:\InstaMT\www\ フォルダの中にいれる。

 

4.C:\InstaMT\cgi-bin\mt 内のcgi ファイルの、
  1行目が「#!/usr/bin/perl -w」のものを
  「#!C:/InstaMT/perl/bin/perl -w」に変換。

 

  ※ USBで使う場合は、「#!/InstaMT/perl/bin/perl -w」にするらしい。
  ※ こちらの理由で書き換える必要があるよう。
    「C:\InstaMT\apache\conf\httpd.conf」内に
    「ServerRoot」と「.htaccess」が書いてあるので、それらの設定や、
    Perl.exe と perl58.dll の場所を変えればいける?
 
  ※ 秀丸の「grep して置換」を行うと楽なようです。
    「全てのファイル」を選択して、フォルダを選択して実行できます。
    自力で行う場合、次の14ファイルです。
 
  mt-add-notify.cgi の1行目(以下同じ)
  mt-atom.cgi
  mt-check.cgi
  mt-comments.cgi
  mt-cp.cgi
  mt-feed.cgi
  mt-ftsearch.cgi
  mt-search.cgi
  mt-tb.cgi
  mt-testbg.cgi
  mt-upgrade.cgi
  mt-wizard.cgi
  mt-xmlrpc.cgi
  mt.cgi
 
5.「http://127.0.0.1/cgi-bin/mt/mt.cgi」にアクセスすると、
  ユーザー名とパスワードの入力を求められる
  入力すると、自動でアップデートされる。

 

6.InstaMT.exeを起動してすぐに希望のブログを表示させるときは、
  次のようにするらしいです。
  「C:\InstaMT\www\index.html」の
  <meta http-equiv="refresh" content="0;
   url=/cgi-bin/mt/mt.cgi?username=MTUser&password=mt">
  のusername=【ユーザー名】、password=【パスワード】

 

7.MT4.2 のテンプレートが反映されない場合、
  次のように再構築するといいようです。
  「Design−Template−Blog Templates」へいき、
  「More actions...」から「Refresh Template(s)」を選択した後、
  「Pubulish Site(再構築)」

 

次のサイトを参考にしました。

なお、2つめのサイトでは、PHPを導入して、

phpAdmin でデータベースを管理する方法も扱っていますが、

データベースも自動アップデートしてくれるので、なくてもできました。

 

InstaMTでMT4.2等を動かす
InstaMTにMobabletype4.2をインストールしてみる
MTのテスト環境を整えるのに便利な「instaMT」
小粋空間: Movable Type のデモ環境を簡単に構築する InstaMT

 

次のサイトも参考になります。

 

InstaMTによるMovable Type動作環境構築についてのまとめ
InstaMTで編集したテンプレートを任意のフォルダに

 

次のサイトは、Movable Type 5.0 の導入について説明されています。

こちらより、Movable Type 5 をダウンロードできます。

 

Movable Type5.0ベータ1、InstaMTにインストールしたよ

| comments(0) | trackbacks(0) | フリーソフト:ブログで日記ソフト | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(番外編)Movable Type 4.2、Movable Type 5 へのVerUP
フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(番外編)サイドバーのサムネイルの画像を表示できるようにする

今回の内容は、少し難しくて、長いです。

 

InstaMTでは、サムネイルの表示はできません。

Perl の ImageMagick がインストールされていないためです。

 

Movable Type の実行環境を見るため、InstaMT を起動している状態で

http://127.0.0.1/cgi-bin/mt/mt-check.cgi を見てもらうと、

「Image::Magick」が使えない状態であることがわかります。

 

  

そのため、ImageMagick をインストールすると、使えるようになります。

ただし、次の点に注意してください。

 

1.この方法は私の環境では動きましたが、あまり詳しくないので、

  この方法がベストかは分かりません。

2.この方法を試すくらいならサーバーを普通に構築した方がいいかもです。

  ただし、InstaMTならサーバーやデータベースの設定がされているので、

  Perl を所定の場所に置けば、それ以外の設定はいらないのでやっぱり楽。

 

ImageMagick をインストールするためには、

こちらによれば、ppm.bat が必要なようです。

また、ppm.bat を入れないで一度ImageMagick をインストールしたら、

「ppm が必要」と、最後にエラーがでました。

 

InstaMT には最小限のActivePerl しかインストールされていないため、

ppm.bat が含まれていません。

まずはActivePerl の入手から行います。

 

次の手順で進めます。

 

1.ImageMagick をインストールするために必要な、
  ppm.bat を含む、Active Perl の入手。
2.ImageMagick をインストール。

 

まず、InstaMT の Active Perl のバージョンは、こちらによれば、

「 ActivePerl 5.8.8 (MSWin32-x86-multi-thread),ビルド番号 822」です。

これと同じバージョンの ActivePerl を入手します。

次の方法で行ってください。

 

1.こちらのサイトから、同じバージョンの zip 形式である
  ActivePerl-5.8.8.822-MSWin32-x86-280952.zip を
  ダウンロード・解凍。

 

  ※ 本来なら、ActivePerl-5.8.8.822-MSWin32-x86-280952.msi で
    インストールする方が無難なようですが、
    既にActivePerl を使ったサーバ環境を構築していたり、
    後からActivePerl を使ったサーバ環境を作る人のため、
    msi 形式でなく、bat 形式で行います。

 

  

2.解凍でできたフォルダの中にある Installer.bat をダブルクリック。

 

 

  インストールする場所を尋ねられたときは、
  「c:\InstaMT\Perl」(全て小文字でもOK)と入力。
  それ以外は、全て「y」と入力してエンターキーを押す。

 

 

  こうなれば、インストール中。少し時間がかかるので待ちます。

 

 

  最後にエンターを押して終了。

 

 

3.C:\InstaMT\perl\bin内に、ppm.bat が入っていればOKです。
  次の方法で、動くか確認できます。

 

 

  「ファイル名を指定して実行」でcmd

 

   

  「cd c:\InstaMT\perl\bin」で、ディレクトリ移動。

 

  

  「ppm --version」と入力し、ppm のバージョンを確認

 

 

次にppm で、ImageMagick をインストールします。

こちらのホームページによると、Perl 5.8.8 build 822 は、

ImageMagick-6.3.5-9 〜 ImageMagick-6.3.8-0 が対応しているようです。

 

またこちらのホームページによると、dll版のexe をダウンロードし、

Windows XPの人は Q8 を選んだ方がいいようです

(Q16 はパソコンの性能によっては、重たくなる可能性があるよう)。

 

こちらにはppm によるネット接続でのインストール方法が紹介されていますが、

次の点で手間なようです。

 

・プロキシを使っている場合、設定が必要らしい
・ActivePerl と ImageMagick のバージョンを合わせないといけない(こちら

 

そのため、exe ファイルのみでインストールしていきます。

次の手順で行います。

 

1.こちらより、ImageMagcick をダウンロードする。
  今回は、「ImageMagick-6.3.8-0-Q8-windows-dll.exe」 をDL。

 

 

2.実行します。
  インストール場所は「c:\InstaMT\ImageMagick-6.3.8-0-Q8」に。

 

 

 

  一番大事な点は、次のように、
  「Install PerlMagick for Active Perl v5.8.8 build 822」へのチェック。

 

 

3.インストールが終了したら、ImageMagick が使えるか確認します。
  InstaMT が起動した状態で、
  「http://127.0.0.1/cgi-bin/mt/mt-check.cgi」をチェック。
  ImageMagick が使える状態になっていたら成功です。

 

 

以上の設定で、次のようにプロフィール画像を設定したり、

サムネイルを見ることもできます。

初期状態では、サムネイルの表示の仕方にクセがあるようですが、

後はMovable Type と同様にアイテムのウィジェットを編集すれば、

自由にカスタマイズできます。

 

これで、自分だけの怪しい画像日記や動画日記も作れちゃいます

 

 

  

 

次のサイトを参考にしました。

 

MTOS活用テクニックのActivePerl/ImageMagick

 

ActivePerl と PPM がインストールされていれば、

PPMを使っての他のモジュールのインストールも可能です。

ppm によるダウンロードについては、次のサイトが参考になります。

 

Perlメモ/モジュールのインストール(PPM)

 

もうここまでインストールしてしまうと、

(Perl の)CGI の起動や作成も可能だと思います。

いろいろなCGIをダウンロードして遊べそうですね。

| comments(0) | trackbacks(0) | フリーソフト:ブログで日記ソフト | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(番外編)サイドバーのサムネイルの画像を表示できるようにする
フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(10)サイドバーのサムネイルの画像を非表示にする。

InstaMT では、ImageMagick というモジュールが

組み込まれていないため、サムネイルの表示ができません。

 

なので、初期状態では、次のようにサムネイル部分の表示には失敗します。

 

 

どうしても表示させたい場合は、他の記事の

  

「フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(番外編)

 サイドバーのサムネイルの画像を表示できるようにする」

 

を参考にしてください。ただし、少し手間がかかります。

 

手軽な設定で行うために、

サムネイル部分を非表示にするには、

少しテンプレートをいじる必要があります。

次のように設定を行います。

 

1.「デザイン−ウィジェットセット」で、自分の設定のカラムを選ぶ。

 

 

2.「ホームページウィジェット」を選択。

 

  

3.<$mt:include widget="アイテム"$> を次のように書き換え、再構築。
  <mt:Ignore><$mt:include widget="アイテム"$></mt:Ignore>

 

 

この設定で、次のように、エラー部分は表示されなくなります。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | フリーソフト:ブログで日記ソフト | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(10)サイドバーのサムネイルの画像を非表示にする。
フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(9)もしものときのバックアップ

InstaMTは、Movable Type と、ほとんど同じ仕様なので、

記事のバックアップも簡単に作ることができます。

 

しかし!!

InstaMTのすばらしいところは、

まとめてバックアップできてしまう点です!!

そのため、他の日記ソフトに必要な

「アプリケーションの追加と削除」や「データフォルダの管理」

が不要なため、他の日記ソフトと比べて楽です。

 

一応、バックアップの主な方法は、次の3つがあります。

 

1.InstaMTをまるごと保存する。 
  この後紹介するプラグインを導入しても150MB 以下なので、
  「c:\InstaMT」フォルダごと、USBメモリなどに放り込む。
  もしくは必要なフォルダ(「www」「mt」「mysql」あたり)のみ
  バックアップする。
 
2.「エクスポート」を利用して、記事・コメントなどの文章データだけ保存。
  この方法では、画像などは保存できません。
  しかし互換性の高いMovable Type 形式でバックアップされるので、
  必要な記事のみ切り貼りして、無料ブログや別のMovable Type に
  一括してインポートすることができます。
 
3.「バックアップ」を利用して、画像などもバックアップする。
  ブログエディタより日記投稿していれば、画像などは
  「アイテム」として全てMovable Type 内に保存されるため、
  バックアップ可能です。
 
番外.データベースをバックアップする
  めんどうです。画像などは保存できません。
  Movable Type の勉強をしている人以外、ここまでやる必要はないです・・・。

 

次に、「エクスポート」の方法と「バックアップ」の方法を紹介します。

 

記事の文章を「エクスポート」する方法: 
1.「システムメニュー」から「ツール−エクスポート」へ

 

  

 

2.「ブログを選択」から選択していき、txt ファイルで保存

 

  

 

 

 

3.保存したデータを開くと分かりますが、
  記事ごとに一つのかたまりになっています。
  そのため、もし無料ブログなどにインポートするときは、
  不要な記事を削って投稿します。

 

 

画像など含めて日記(ブログ)全体を「エクスポート」する方法: 
1.「システムメニュー」から「ツール−バックアップ」へ

 

  

 

2.「ブログを選択」から選択して、圧縮フォーマットを「zip」形式にする。
  ※ Zip にしないと、保存場所が分かりにくくなります。

  

 

  ※ zip にせず、圧縮しない場合は、保存場所の設定をします。
  初期設定では「C:\Windows\Temp」になっており、
  他のファイルとごっちゃになってしまいます・・・。
 
  こちらによれば、mt-config.cgi を書き換えることにより、
  バックアップの保存場所を変えることができます。
 
  「C:\InstaMT\cgi-bin\mt\mt-config.cgi」の
  「TempDir C:\Windows\Temp」を、
  「TempDir C:\BackUp_Diary」など、希望のファイル名に変更します。
  フォルダは先に作っておいてください。

  

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | フリーソフト:ブログで日記ソフト | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(9)もしものときのバックアップ
フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(8)再構築不要で日記を書く

Movable Type を使う人が一番メンドウだと感じるのが、

「再構築」という作業。

Movable Type は、静的HTMLを作成するので、

WordPress と違って、書いた記事をHTMLとして書き直す必要があります。

 

しかしその作業を簡単に行うソフトがあります。

それが、「ブログエディタ」という、ブログの記事作成用のソフト。

このように、別ソフトで文章を書いたり画像を入れたりできるので、

とても便利です。

 

 

今回は、これを設定して、

使えるようにしていきます。

 

まず、ブログエディタを使う場合は、

ユーザー名とパスワードが必要です。

パスワードは、ログイン用のパスワードとは違うので注意です。

次の方法で確認します。

 

1.左上から「システムメニュー」へ。

 

 

2.「一覧−ユーザー」から、日記を書くユーザー名を選択。

 

 

3.次のところから確認
 ユーザー名:半角英数字で表示されているユーザー名
 パスワード:「Webサービスパスワード」
  ※ 「内容を表示」で表示できます。
  ※ 変更する場合は、入力して「変更を保存」

 

 

 

次に、ブログエディタの設定を行います。

今回は、現在日本で一番よく使われているであろう、

Windows Live Write、Xfy Blog Editor、BlogWrite の設定です。

さらにFireFox を使っている方のために、

ScribeFire の設定も説明します。

全て、無料で使えます。

 

この他に、Ubicast Blogger もありますが、

「古くて更新停止・対応ブログが少ない・HTMLの編集ができない」

ため、若干劣ると思います。

 

海外のものならecto、

日記投稿だけなら 有料版のgoo RSS リーダー を使う手もありです。

 

Windows Live Writer の場合: 
1.こちらから日本語版をダウンロード
  ※ フリーで、登録ブログ数の制限もない

 

 

2.「ツール−アカウント−追加−他のブログサービス」へ

 

  

 

3.次のように入力していく
 ブログのWebアドレス:(自動で検出できないので)適当に「a」とか入力
 ユーザー名:半角英数字のユーザー名
 パスワード:先ほどのWebサービスパスワード
 使用するブログの種類:Movable Type
 ブログのリモート投稿URL:http://127.0.0.1/cgi-bin/mt/mt-xmlrpc.cgi
   ※ ファイルの場所を変更している場合は、mt-xmlrpc.cgi までのパス

 

 

 

4.テンプレートの検出は「OK」で
 ※ 検出できなくても投稿には問題ないが、
   検出できると記事作成画面にスタイルが適用される。
 ※ テンプレートの編集をしていたりすると、検出できない場合もあります。

 

 

 

6.記事を書き、下の方の「カテゴリー」を選択し、投稿
 ※ 複数カテゴリへの投稿も可能

 

  

 

Xfy Blog Editor の場合
1.こちらからダウンロード

  ※ フリー版なら3アカウントの登録までOK

  ※ LE無償版をダウンロードしてみてください。

 

 

2.「ファイル−ブログサービスの管理−追加」へ

 

 

3.次のように入力
  ブログ:「ココログ(ベーシック/プラス/プロ)」を選択。
   ※ Movable Type 4.1x でなく、ココログを選んでみてください。
  ログイン名:半角英数字のユーザー名
  パスワード:先ほどのWebサービスパスワード
  エンドポイント:http://127.0.0.1/cgi-bin/mt/mt-xmlrpc.cgi
   ※ ファイルの場所を変更している場合は、mt-xmlrpc.cgi までのパス
  ローカル名:自由に。

 

 

 

 

4.記事を書き、右より「カテゴリー」を選択し、投稿
 ※ 複数カテゴリへの投稿も可能
 ※ 選択カテゴリを削除したいときは、もう一回選択すると削除されます。

 

 

 

 ※ Movable Type 4.1x を選ぶと、次のように複数カテゴリへ投稿するとき、
   「エントリー詳細設定」から「副カテゴリー」を選ばねばならずメンドウ

 

 

 

BlogWriteの場合
1.こちらからダウンロード
  ※ フリー版なら、HTML編集できず、1アカウントまで
  ※ 「BlogWrite Free 機能縮小無料版」をダウンロードしてください。
  ※ 「BlogWrite」の有料版はHTML編集できますが、試用期間があります。
    期限が過ぎると広告が自動で入りますが、使い続けることができます。

 

 

2.「設定−アカウントの追加」へ

 

 

 

3.次のように選択していく。
  ブログの種類:Movable Type
  ブログのアドレス(URL):(どうせ検出されないので)「http://a」と入力
  APIエンドポイント:http://127.0.0.1/cgi-bin/mt/mt-xmlrpc.cgi
   ※ ファイルの場所を変更している場合は、mt-xmlrpc.cgi までのパス
  ログイン名:半角英数字のユーザー名
  パスワード:先ほどのWebサービスパスワード
  アカウント名:自由に

 

  

 

 

 

 

4.記事を書き、下の方の「カテゴリー」を選択し、投稿
 ※ 複数カテゴリへの投稿は右側の「▼」マークより選択して可能

 

 

 

ScribeFireの場合(ブラウザにFirefox 3 を使っている必要があります)
1.こちらからFirefox のアドオンを入手します。
 ※ Firefox を使っていないとダウンロードボタンは表示されません。

 

 

2.「ツール−ScribeFire」で起動(F8 のショートカットでもOK)

 

 

3.「追加」で、次のように設定していく。
  ブログのURL:検出されないので、そのままでOKです。
  追加したいブログサービス:独自のブログ
  ブログサービス:Movable Type
  APIのURL:http://127.0.0.1/cgi-bin/mt/mt-xmlrpc.cgi
  ユーザーネーム:半角英数字のユーザー名
  パスワード:先ほどのWebサービスパスワード

  

 

 

 

  

  

 

4.記事を書いて、カテゴリを選んで投稿。
  ※ 複数カテゴリの選択もできます。
  ※ 私の場合、画像の投稿はうまくできませんでした(理由不明)

 

 

 

以上で、設定の案内は終了です。

Movable Type はほとのどのブログエディタで対応しているので、

他のブログエディタでも同様の設定で行えます。

 

なお個人的な使い勝手でいうと、

 

  1.ScribeFire(文章のみの日記のとき)
  2.Xfy Blog Editor(画像を含む日記のとき)
  3.Windows Live Writer
  4.BlogWrite

 

といった感じです。

 

ScribeFire は、ブラウザ閲覧時のメモ代わりで、

人には見せられないネタを集めるのにとても役立ちそうです(謎)。

リンクの設定も、比較的楽です。

 

BlogWrite のみ、URL を自動で「新しいウィンドウで開く」で

リンク設定してくれるので、その点は秀でています。

 

以上で、日記用のMovable Type(MTOS)の設定は、

一通り終了です。

次に、万が一のための、

バックアップの方法です。

| comments(0) | trackbacks(0) | フリーソフト:ブログで日記ソフト | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(8)再構築不要で日記を書く
フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(7)カテゴリーの設定

ブログには、やはりカテゴリーがなければ様になりません。

カテゴリー分けできる日記ソフトも少ない。

カテゴリの設定は、次のように行います。

 

1.左上の「システムメニュー」から、変更したいブログ名を選択。
  ※ 管理画面の色は、茶色系から水色系に変わります。
    この画面が、個別のブログ設定画面です。

 

2.「一覧−カテゴリ」へ。

 

 

3.次の方法でカテゴリを作成していく。
  トップカテゴリの作成:左上の「トップレベルのカテゴリを作成」より。
  サブのカテゴリの作成:作成した「トップカテゴリ」の右の「新規作成」より。

 

  

 

 

4.最後に、上に表示されている「再構築」を押して構築。
  ※ 上部の円の矢印アイコンの右も「再構築」ボタンです。

 

  

ただし、Movable Type や MTOS は、

カテゴリーの順番を入れ替えることができません。

アルファベット順になってしまいます。

 

希望の順番でカテゴリーを並べるには、次の方法があります。

 

1.カテゴリーのはじめに通し番号をふる
 例)「01花のこと」
   「02食べ物のこと」
 これが日記に反映されるのが嫌な場合は、
 テンプレートを書き換え、サイト(日記)で表示するときのみ、
 カテゴリー名の頭文字を削って表示しない。

 

2.プラグインを使う
 カテゴリーとフォルダを並べ替えるプラグイン(MT4以降用)
 しかしこの方法も、テンプレートを書き換える必要がある。

 

どちらも少し手間がかかる方法なので、

日記ソフトとして使いたいだけならば、

この点はあきらめる方が無難です。

 

次は、いよいよ日記(記事)を書く方法です。

しかし、毎回管理画面を開いて、

書くたびに再構築しなければいけないのはメンドウですよね。

そのための、よい方法があります。

| comments(0) | trackbacks(0) | フリーソフト:ブログで日記ソフト | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(7)カテゴリーの設定
フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(6)テンプレートの配布サイトを使ってデザインの変更

InstaMT で入っているMTOS 4.1 は、

現在では少し古いソフトなので、

テンプレートを選ぶ際には注意が必要です。

こちらのようなサイトを選ぶといいです(あまりないですが)。

 

今回は、MTOS 4.1で使える簡単なスタイル変更を行います。

そのため、テンプレートの形はそのままに、

デザインだけ変更します。

次の手順で行ってみてください。

 

1.こちらのサイトのサイドバーより、
  「ブログテンプレート」を適当に選択。

 

 

2.好きなデザインをクリックしてみて、
  「Movable Type」の初期テンプレートのままでお使いいただける、
  ブログ向けテンプレートです。
  というものを選ぶ。

 

 

3.ダウンロードする。
 ※ メールアドレスと名前の入力は求められれますが、
   ユーザー登録などはありませんでした。

 

  

 

4.解凍してできた「themes」の中のフォルダを、
  C:\instamt\www\mt-static\themes の中にいれる。

 

 

  

以上で、導入完了です。

後の手順は、前回のスタイルの変更と同じ手順で、

次のように進めていきます。

 

1.左上の「システムメニュー」から、変更したいブログ名を選択。
  ※ 管理画面の色は、茶色系から水色系に変わります。
    この画面が、個別のブログ設定画面です。
2.「デザイン−スタイル」へ。
3.「規定のスタイル」をクリックし、10種類の中から、
   好きなデザインを選ぶ(この画面では、全て3カラム表示)
4.どれか選択すると、右側に「選択されたデザイン」が表示される。
5.右下に「レイアウト」の選択ボックスが出るので、
  好きなカラム数で設定する。

 

これで、配色もよりポップに変えたり、

すっきりとさせることが可能です。

こちらも参考にしてください。

うまくいくと、次のようになります。

 

 

この他にも、Movable Type は、

自由に変更・カスタマイズできる点が魅力といえます。

初期設定では、カレンダーなどはありませんが、

好みに応じてカスタマイズすることも可能です。

 

今回は、「便利で見やすい日記ソフト」

程度のカスタマイズのため、

テンプレートの変更は行いません。

 

次のサイトなどには、

比較的古めのテンプレートがあるようです。

 

テンプレートキング:無料テンプレート配布
無料配布サイト「BT Design」
Dr.blog -ブログ研究室-
MTテンプレートデータベース

  

これでスタイルの設定は終了です。

次は、実際に日記(記事)を書く準備として、

カテゴリーを作成していきます。

| comments(0) | trackbacks(0) | フリーソフト:ブログで日記ソフト | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フリーソフト:InstaMT(Movable Type) を日記ソフトとして使う(6)テンプレートの配布サイトを使ってデザインの変更